素行調査で注意すべき法律

素行調査で注意すべき法律について

探偵が個人情報などを収集する素行調査は法律違反になるのではと心配している方はとても多いですが、特に禁止されているようなことはありません。ただし素行調査は正当な理由がある場合のみ対応してもらうことができます。そのため特に理由が無いのに他人のことを知りたいという時は調べてもらうことができません。また法律に違反するような調査というのは対応してもらうことができません。

 

例えば住居や室内に侵入し盗聴器や盗撮用のカメラを仕掛ける、郵便物の中身を開封するといった事、また本人や家族などと偽り個人情報などを不正入手することは法律違反になります。このような方法で入手した情報は裁判や調停などでは証拠として使うことはできないので注意が必要です。もし探偵が不法行為をしていた場合について依頼者が罰せられることはありませんが、探偵は営業停止、場合によっては刑事罰を受けることになります。

 

また当初は正当な目的で素行調査を利用したとしても、後になって情報を悪用してしまうとそれは罰せられる可能性があるため注意が必要です。例えば調査で知り得た情報を第三者に漏らしてしまうと、内容によっては名誉棄損になってしまいます。ただし正当な理由で素行調査を利用すること自体は特に罰せられることはないので安心してください。

 

⇒素行調査の無料相談・見積もり依頼窓口